4月・・・新年度になった! (スタッフコラム)

別に、多忙というわけでもないのに何かとバタバタする時期です。

そう、この「バタバタ」について、少し。  先月だったと思うけど、あの内館牧子さんが月2で連載中のサキガケ新聞の「明日もはなまる」(多分こんなタイトルのコーナー)に「女の不作法」という記事があって、そこに「女性が言う嫌われる言葉」に「バタバタしてて」が上位入賞って書いてた。男はあまり使わないが、って。 僕は、どうしてもスケジュール上都合がつかないときにいちいち「その日はあれがあり、そのあとこんなことが予定されてて、おまけにそんなことまで、、、」的な時間を要する言い訳の羅列をする代わりに使っちゃう言葉なので、女の不作法なのかな?って感じで覚えてました。時間の節約には役立つ言葉ですよね~

話は本題に。 新年度です。そして、いつもと違った4月1日を経験しました。5月から使われる元号が発表されたからです。「令和」。れいわ。 和をわ、ではなく「な」でも良かったんじゃないか、って思ったり、いやいや、クラプトンの名曲「レイラ」でしょ、やっぱ。なんて思ったり・・・でもすんなりと受け入れられる元号です。 発表が新年度の初日、っていうのも気が利いてていい感じでした。心を新たにするタイミングですものね。

それと・・・おまけの「空耳アワー」  一昨日の出来事。夕食後、テレビをつけたまま何かを読んでいて、テレビの声に反応した。「信玄公の霊は・・・」 ??何?面白そう! でもテレビはフツーのニュースを映していました。「新元号の令和・・・」 お後がよろしいようで・・・  くまP