僕の超GWについてちょっと話そうかな・・・ (スタッフコラム)

連休中の、真ん中あたりの4日間、学生時代の親友2人とその家族の合計5人が秋田に会いに来てくれた。数十年前を思い出しながら遊びまくった。

ウチの法人(仁政会)は、田沢湖高原に保養所を所有していて職員なら誰でも利用できる。露天風呂もあるし、自動麻雀機もある。今の季節なら1人一泊500円と激安。冬場でも800円だから、やっぱり利用しやすいお値段。。。ということで、新幹線組とマイカー組が盛岡で落ち合って保養所「翠香荘」に直接集合、ということにした。僕は配偶者と少し早めに到着して温泉の準備。配偶者は前日から下準備しておいた秋田名物づくし料理の調理を始め彼らの到着を待った・・・そう、ホストとして秋田県観光大使よろしく完璧なオ・モ・テ・ナ・シ(随分と古いか)をするため。僕なんか、イシイさんから頂いた超貴重な「イッパクスイセイ」(一人で飲みたかった!)と自分で購入するにはちょっと勇気が必要な「アラマサのコスモス」を持って行ったんだゾ!(基本的にセコいオトコだね、僕って。こんなんで、グチるなんて)イシイさん、美味かったっす。ごちそうさんでしたぁ。

盛岡の美術館に寄ってきた、という彼らが田沢に着いたのが4時頃。すぐさま、350缶を手渡して露天風呂へ直行。オバチャンの井戸端ナンタラのように、風呂に入ったり出たりしながら約20年ぶりの再会報告会。みんな、大人になって、素敵な父親になってて感動。風呂上りは宴会。日付が変わる頃、ケーキとクラッカーを鳴らしてまた乾杯。5月1日、友人の誕生日プラス令和の誕生日を合同でお祝い・・・

翌日は・・・昨日から飲んでた僕ら3人はブンガクブなんだけど、同じ学校だけどキャンパスが20㎞くらい離れてるコウガクブだった秋田在住のO君が翠香荘(保養所の名前だよ~)に駆け付けてくれて朝からマージャン。今回の再会の主目的はこれ。奥さん達は文句のひとつも言わず待っててくれました。感謝です。

てなノリで、その後も温泉宿を泊り渡り宴会を繰り返すわけですが・・・もうトシなんだから、今後は毎年会おうな~って別れた。前回までは「次はいつ頃に会おう」なんて会話は一切なかった。ホントにそう、もうそんなトシなんだな、って実感した連休でした。。。   くまP