実は・・・海を越えてきました。。。 (スタッフコラム)

海を越えたのは3度目。あ、海外じゃなく。外国旅行なんかまだ1度もない。陸続きの本州を出たのが3度目。最初は、中学の修学旅行で北海道。今は東京方面が多いらしいけど、僕の時代は北海道が定番だった。2度目は九州で、福岡。職場のおエラのお供での出張で1泊。観光なんかゼロだったから、ただ「行った」というだけ。で、今回は2度目の北海道。。。新婚旅行にも行ってない僕が、この時期になぜ???って自分でも思った。

高校、大学と一緒の友人が秋田にいて、(5月に秋田に来た友人と麻雀した工学部のO君です。)銀行員の彼から「一つの区切りの時期だと思う。ここ数年、オトコの一人旅を楽しんできたんだけど、今回は一緒に行かないか?」と少しだけシビアな面持ちで声を掛けてくれた。「大人の休日俱楽部を利用してゆっくりした旅はどうか」と。「大人の休日俱楽部」に入っていないことは勿論、それが何か、すら知らなかったが「是非一緒に!」。で、彼は秋田駅に一緒に行ってくれて「俱楽部パス」の申請を手伝い、日程をすべて決め、指定席の予約にも・・・銀行員より、トラベルプランナーの方が向いてるんじゃね?とかと言いながら殆どおんぶにだっこ状態でした。

それで、この日曜から3泊4日の電車旅。むか~し、「でっかいどう!北海道」っていうANAのコピーがあったけど、全くその通り。。。4日で動いたのが殆ど函館、札幌、小樽、北広島、月形町、支笏湖・・・(4日間のうち1日はレンタカー移動)ホントに北海道の下(南側)をこちょこちょっと動いてただけでした。。。でも、1日2万歩くらい歩いてた。日頃は3千歩くらいなので、凄く痩せちゃった(超USO。例によって「うそ」と読んでね)「休日俱楽部でゆっくり」はどこに行ったか、最高ハードな4日間でしたぁ。

感動したのは、函館の市電(600円で1日乗りホウダイ)、八幡坂(テレビドラマに映る超定番の見晴らし最高なロケーション)、函館の夜景の時の中国人の数(ここは中国?ってくらい日本人が四面楚歌状態)、小樽のベネチアグラスの美術館。あと、羊ヶ丘公園の羊たち。「あ、羊をめぐる冒険。。。」って感じで、また村上春樹作品を読み返そうと思いました。がっかりしたのが、函館のイカ。秋田の3倍の値で食べたイカ刺し。ゲソが動いてたので新鮮だったみたいだけど、特有の甘さもなにもなかった・・・イカ好きだった分、残念。1日だけ雨が降って寒かった。9割以上のヒトが長袖。僕と外国からの旅行者だけが半袖でした。。。そんなこんなで、オトコ2人旅、楽しく、怪我なく終えることができました。メデタシ、メデタシ。でも、足の筋肉痛はハンパない・・・