トシを取っての変化 その1(仙台編) (スタッフコラム)

このコラムを始めてこれまで、全編?を通じて共通する「ワード」は「トシを取った」だと感じた。ほぼ、若き日の回想をネタにしてる。そこで、当時(ん?一体、「当時」っていつなんだろ?)と比較して「あ~、なんか変わっちゃったなぁ~」と思うことを挙げてみるね。

まずは、僕らしく。そう、あれは20年近く前。殆ど仙台を知らない僕はミツユキさんと出張で仙台に行った。で、1泊。ホテルの予約も旅慣れたミツユキさんにお願いし、クルマも彼が出してくれて運転してくれた。夜のお楽しみに向け体力を温存しての移動。ホテル到着後、すぐに国分町の居酒屋で「牛タンとビール」でかんぱ~い。で、2時間後僕らはいつもの通り、気が大きくなって2件目を探す。そして、以降絶対いくことがないだろうお店で「ボトル1本」入れて飲みまくる。案の定、ベロベロでホテルに戻った。2人とも薄給の身なので、お部屋はツイン。部屋に入るなり、ミツユキさんが「気持ち悪い~」。。。先輩の一大事。僕は彼をトイレに連れて行き、便器のフタを上げて彼の背中をさすった。コップに水を入れて用意も万端。リバ~ス。を見てたら・・・うっ!!ヤバい。便器に顔を被せているミツユキさんを押しのけ、、、リバ~スぅぅぅ。

翌日はスッキリと元気で、朝からの研修にしっかりと出席してた。・・・今は、、、もう何年も「吐く」ことがない。トシを取って食物の大切さがわかったから、なのか知らないけどもうず~っと吐いてないんだよ~と親友のFさんと飲みながら話したことがあった。「いや~それはトシですよ。飲めなくなってきた証拠っすよ」。。。そうなんだぁ。赤ワインを飲んでその直後に白い便器を赤く染めて「あ、血を吐いちゃった・・・」と本気で言ってたあの頃が懐かしい、愛おしいぃぃ。

仙台リバース事件を受け、教訓として秋田に戻るクルマの中で(当然運転はミツユキさん。)僕は一句ひねりました。「ミツユキに便器取られてもらいゲロ」。・・・汚い話でごめんなさい。法人のHPにこんなの載せていいのかな。削除されないかな。毎回こんなのばっかでごめんなさいデス。。