追悼・・・野村克也さん。 (スタッフコラム)

野球界の往年の大スターが相次いで亡くなった。金田正一さん、野村克也さん、だ。生まれた時からずーっと秋田だったから、プロ野球はテレビ中継があるセリーグの球団しか知らなかった。ジャイアンツの投手だった金田投手については「巨人の星」で登場してたくらいしか記憶がない。確かにヤクルトスワローズの前身、「国鉄」の大投手で、弱小球団で300勝もしたそうで・・・でもその後何故かしっかりと超強豪チームのジャイアンツに移籍してる。ので、僕にとってはあんまり良い印象のない選手だった。ロッテでも監督をしてたけど、当時はパリーグに興味なかったし。少し興味が持てたのが「西武ライオンズ」が所沢を本拠地として設立されたこと。学生時代、西武新宿線沿線に暮らしてたから・・・で、野村克也さん。スワローズの監督、といえば野村監督。なんせ、あの「古田、広沢、池山」時代の監督だものね~スワローズの黄金時代を築いた名監督だ! 選手時代はあまり知らないけど、凄かったみたい。南海ホークスで「プレイイングマネジャー」として優勝したり、3冠王も達成したり・・・で、言った言葉がいい。「王や長嶋がヒマワリなら俺はひっそりと日本海に咲く月見草」。。。スター軍団巨人に対する挑発とも取れる物言い。ニクいね。

先日、(この訃報のあった翌日です)大先輩の法人の役員の方と会食する機会をいただいた。いろんな助言をいただいたけど、彼も野球が大好き、かつ「スワローズ命」歴がハンパない。僕なんか足元にも及ばない。その先輩から「野村監督が育てた古田は監督をやっても大成するはず。何故、球界に復帰しないと思う?」「プレイイングマネジャーで失敗していい思い出がないから」「いや、違う。選手会長時代にストライキをしただろう。あれのせいで、雇ってくれないんだ。ナベツネの圧力がなくなれば復帰できるかも」う~ん、オトナの世界って深くて暗い。野村監督は「古田監督」を見たかったと思う。ベンチで自分の隣に座らせて教えまくってた最愛の教え子の采配での勝ちを見たかったと思う。スワローズファンでなくても「古田監督」見たいんじゃないかな~ ちょっと斜に構えて、口が悪いようだけど、選手を、野球を愛していた野村克也さん、カッコよかった。今頃はサッチーと再会して楽しく笑ってそうです。ご冥福をお祈りします・・・