驚きの値・・・ぐふっ・・・ (スタッフコラム)

この冬はトシヨリにとってとてもありがたぁい年じゃった。寒さは身にこたえるし、足腰も弱くなって、雪道で転んだら大腿骨頸部骨折もありか?くらいに土俵際の粘りもなくなってきてしもうた・・・そう言えば、1年くらい前のことじゃったが、この欄で、「テニスを去年久しぶりにやったから今年はもっと本格的にヤルぜ」的な威勢のいいホラ話をしちゃってたことを思い出した。いざ、テニスに適した季節がやってきても「クマが出没してるから怖い」とか「手足がシビれて精密検査したから安静にするぅ」とか、よくもまあこんだけ理由をつけれるゼ、と自分でも惚れ惚れしちゃうくらいヘリクツをこね回して敵前逃亡。挙句、親友のH君にザギンのシースー屋さんで「くま、鍛えてんの?」とまで言わせたくらいの太っちょになっちゃった・・・ぐふっ(例のドラクエの断末魔です)

ところで、この間「ジャパネットたかた」のCMを見て「タニタの体脂肪率とか骨密度なんかが測定できるスゴい体重計」(正式な商品名は知りません)を「すげえ!欲しい!でも、高いかな~」って思ってたら配偶者が「あれ、いいよね~あなたは好きそうだよね~」とお声がけいただき、一発許可にて購入決定。人気商品ということで到着に3週間もかかったからますます「ありがたさ」が増して、測定するにも上がるのが恐れ多い感じがした。(究極の庶民だ) で、乗って、、、ん???なんじゃこりゃあ~~~驚いた。スゴい。超スグレモノ。なんと、BMIはもちろん、内臓脂肪、推定骨量やカルシウムの必要摂取量、筋肉量、それぞれの「値」に対する判定(あなたはデブです、とかヤセですとか)そして、「体内年齢」と「足腰年齢」・・・面白いゼ!、、、と最初は思った。でも・・・ん?なんじゃこりゃああああ。足腰年齢が実年齢に「+5才」。大きなショックを受けて暫し絶句。気を取り直して配偶者にその事実を伝えた。すると、すました顔で「そうなん?じゃあ、私たち足腰年齢同級生だね」だと。おいおい、僕より年下のあなたが・・・が、何故か少しだけほっとする自分がいた。超低いレベルのライバルを目の前に「じゃあ、足腰年齢に合わせて二人で散歩するっちゃないね~」と笑うしかなかった。。。。ぐふっ。