コロナについてはあまり触れたくないけど (スタッフコラム)

今年に入って、お正月明け辺りからもう半年も「コロナ」。全世界の誰もがもううんざり、だね。感染デマやいじめまで起こって、もう何を考えてるんじゃ~って感じだね。

心無い一部の人のせいで高級感?のあった「コロナビール」は製造中止にしてるとか。現代人、ってヒマなのかバカなのか・・・ところで「コロネ」は売ってるんだろうか?あ、チョコクリームが入った「渦まき型」ロールパン、のことです。「たけや」(秋田では超有名なパン製造会社ですよね)固有の商品名なのかな?それとも全国区の名前なのかな?知ってる人は情報ください!

あ、また脇道に逸れた。。。コロナについて。スポーツに限らず多くのイベントや職業に大きな影響が出てる。「ドラマも制作できなくて再放送ばかりだし、NHKの大河ドラマも撮影できないから6月で放送終わっちゃうんじゃないかな」と配偶者。4月くらいからそう言ってた。何年かぶりに(たぶん福山の「竜馬」以来)「麒麟がくる」を初回から観ててとても楽しみにしてるのに…誰にも文句を言えないけど。この役、ミスキャストじゃね?なんて言いながら観る大河はやっぱ面白い。埼玉のH先生は受信料払ってるかな?学生時代とか教師なりたて時代は確か「絶対払わね~」って言ってた気がする。

コロナの弊害はウチの法人にも当然いっぱい。飲食店のように「営業自粛」ということはないけど、体力の落ちてる感染による重症化リスクの高い方々が入院・入所・通院・通所者の7割くらいを占めるので、理事長から「緊急事態宣言の解除や自粛の緩和で、気が緩むと「第2波」に飲み込まれちゃう。もう一度気を引き締めなきゃ大変なことになっちゃうよ」と警鐘を鳴らすよう強い支持があった。そう。今、ってホントに凄く「緩~い」感じがする。外出を控える、パチンコ店の休業を要請する、なんていう程度で「ストレスを感じてどうしよう」だってさ。配偶者はまるで戦争を経験したかのように「戦時中はほとんど全ての行動が制限されてたのにこの程度でストレス?弱すぎるね」。全く同感ですわ~

一昨日、義母が「蜂窩織炎」で秋田市内の超デカい病院に「再診」で行こうとしたら「蜂窩織炎」は治癒してるから「来るな」と…明らかにそれが原因で発熱してるのに…熱があるからダメ、って。ぐうの音も出ない。ある意味「医療崩壊」じゃないかな、と思う僕です。